譲渡は可能?

同会社設立してからの譲渡は可能なのか


合同会社設立する事が法律が施行されて行えるようになり増えてきていますが、合同会社と言うものは有限会社や株式会社とは違い聞いたことがないという方も多いと思いますが、株式会社や有限会社とは何が違うのでしょうか。

まずは有限会社の事ですが実は、法律が廃止されたことにより新規には設立できなくなったのですが、有限会社とは責任のある社員が出資を行い個人会社などを設立する会社形態の事を言いこれは㈱などを発行しないので買収などされる心配もなくそういった事を嫌う風土がある日本では比較的多い会社形態でした。

次に株式会社の事ですが、株式会社は株式を小さく分け発行しそれを持っている株式が経営を行なうものを株式総会などで決め、利益が出た場合はそれを株を持っている人や企業へ利益の中から配り、企業としてやっていくという企業の形です。

株式会社は、株式を誰もが所有し配分することを特別な場合や零細企業などの場合は少人数で経営を行っているので人間関係が大切で企業としてやっていきなくなるのを防ぐ為に規制されている事はあるが、認められています。

これは経営を行っている人がその会社を持っているわけではなく株主がその企業を持っているという事になります。昔からある企業などの場合は株式を経営を行っている人が所有している事もあり、そういった場合は経営を行っていると所有している人とはとは同じになりますが、基本的には株主を持っている人が会社を所有しているので経営している人とはわかれています。
では、合同会社はどういった会社形態なのでしょうか。

合同会社とは、2006年に施行された法律により合同会社設立できるようになった新しい形の会社ですが、合同で出資を行い出資を行った人たちが責任を負い運営する会社の形態です
合同会社設立したが譲渡したくなった場合には譲渡できるのかと疑問に思っている方もいると思いますが、制限がありますが譲渡する事は可能性です。

どういった制限があるかというと、合同会社というものはお金を出資し合い同じ責任と同じ権力をもつ事なので自由に譲渡することができてしまうと人間関係がうまくいかない場合には経営が困難になってしまう場合があるのでそういった事を想定し、譲渡するには他の出資者の同意が必要になります。
合同会社設立を考えている方は、他の会社形態と比べ有利な部分もありますが社会保険に加入する義務があったりと責任があるので合同会社設立時にはしっかりと計画を立てて設立する必要があります。