従業員について

合同会社設立と従業員について


合同会社設立に関する資料を見るときに気をつけなければならない用語がいくつかあります。例えば社員という言葉の意味するところは社会一般のそれとは少し異なるので区別して理解することが求められます。

合同会社設立時に使われる社員という言葉は、合同会社設立に出資して業務を執行する人のことを指します。ここで言う出資とは合同会社設立手続きに1円以上を出資して署名捺印した人のことを言うのです。一般的に社員と呼ばれる従業員とは区別して使われるのが一般的ですので注意が必要です。

ここで言う社員は出資をしていますので、事業の結果利益が生じた場合には配当を受け取ることが出来ます。株式会社の場合には出資額、つまりは所有している株式の数によって配当金が決まるのが一般的です。しかし合同会社の場合には出資額に関係することなく配当額を決めることが出来るという特徴を有しています。このことは煩雑な手続きが必要ない半面で、配当に関する明確なルールがないことを意味します。

そのため合同会社では広く第三者から投資を受け入れることは難しいかもしれません。投資した金額によって配当が決まるのではないのであれば、投資をしようという意欲は減退するでしょう。
一方で配当を自由に決めることが出来るという仕組みをメリットに感じることが出来るケースもあります。そのようなケースの場合には敢えて合同会社設立を行い、そのメリットを活用すrという選択肢もあるのです。そのため元々はスモールビジネスに最適と言われていた合同会社の仕組みを利用して大きな事業を行う会社も生まれてきています。

しかし大きな事業を行うようになると細かな仕事を行ってくれるスタッフが必要になります。このように雇用関係にある職員を合同会社においては従業員と呼びます。社員と呼んでしまうと出資をしている職員としての意味を持ってしまうのが合同会社の特徴です。

さらには社員の中にもいくつかの種類があります。その代表的なものが業務執行社員です。合同会社では出資した人全員に経営権があるのが特徴ですが、中には出資するだけで経営に関与することを望まない出資者もいることでしょう。そのような社員に対して経営に参加して業務を行う社員のことを業務執行役員と呼ぶことになっています。株式会社に置き換えるとただの社員というのは株主的な位置づけとなります。最後に代表社員というものがあります。これは社長に該当する立場の社員を指します。